ビジネス英会話を難なくこなす同僚は頼もしい

   2016/06/24

私が同僚を尊敬している理由は、日常英会話のみならずビジネス英会話も難なく話すことができるからです。

その同僚は英語が本当に堪能で、ジョークのあるような日常的な英会話からとてもマジメな商談の場でのビジネス英会話までこなすことができます。純粋な日本人であるにもかかわらずそこまで英会話力が高いのは、ひとえにその同僚が英会話に対してひたむきな努力を続けてきたからです。

同僚はビジネス英会話をしているときもたどたどしいところがまったくなくて、それどころか大きな安心感があります。私はビジネス英会話をすることができませんから質問がこちらに及ばないかそばにいてヒヤヒヤしてしまうので、そんな局面を涼しい顔で乗り切る同僚には頭が上がらないです。

今はまだほとんどほぼ同じ立場で働いているのかもしれませんが、その同僚はこれからもっと早く昇進していくはずです。努力家な同僚ですからビジネス英会話に対してさらに磨きをかけていくことは間違いないですし、そうすれば任せられる仕事も増えていくことに違いありません。同僚としてそれは悔しさもあるところなのですが、頑張っているのですから当たり前の結果だとも思います。

私にはそこまで英会話の能力が備わっているとは思えませんからなかなか頑張ろうという気持ちにならないですし、最初からちょっと諦めている部分があります。ただ、少しでも努力すれば同僚のようになれるかもしれないですし、これからはもう少しビジネス英会話を学んでいきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket