英会話を勉強するモチベーション

 

親せきが外国の人と結婚してそちらに住んでいるので、2人の子供たちの母国語は日本語ではありません。外国といっても欧米ではなくけっこう近い国なので、英語やその他のヨーロッパの言葉でもありません。

その子達は母国で日本語の勉強をしているのか、たまに日本に来ても言葉に苦労はないようです。そしてその子供たちは英会話もできるようで、母国語以外の言葉を身につけておくと、さらに他の言葉も覚えやすいのかなと、ちょっといやかなりうらやましいです。

その子達の語学環境がどういうふうなのかわからないので単純にうらやましがってもいけないと思いますが(本当はかなり大変なのかもしれませんし・・、このへんのことをいつかじっくり聞きたい)・・。こういう子達とくらべると私は英語にかぎらず外国語を身につけなくても困ることはないのが現実です。

なんてことを英会話ができない自分の言い訳にしているのですが、これではだめだと反省するこのごろです。恵まれてない環境(泣)のなかで、できることをやるしかないです。それはわかっていますが、自分の環境が語学には全然向いてないなどとネガティブに考えてしまいます。そんな気持ちに負けて勉強をやめてしまうこともしょっちゅうです。

親せきの子達の中の1番上の子は語学をいかした職場(カスタマーセンター)に就職したそうです。旅行会社なのでもしかしたらお世話になることがあるかもしれません。そんなことを想像しながら自分も少しは英語力を向上させないと・・・と今は燃えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket