【英語冒険】英語に慣れっこになってきたら…

 

多くの機能別、時と場合によるコンセプトに沿った対話を使って会話の能力を、英語のニュース放送や歌、童話など、多数のアイテムで、聴き取り力を身に着けます。
通常、英会話のリスニング(ヒアリング)能力とスピーキングの力は、特別な状況にだけ対応すればよいのではなく、いずれの要素を補完できるものである必要がある。
話題のニコニコ動画では、学業のための英語の会話の動画以外にも、日本の言葉や生活の中でよく使用される慣用句などを、英語にするとどんな風になるのかを整理してまとめた映像がアップされている。
あるレベルまでの外国語会話の基礎があって、その先話ができるまでに身軽に変身できる人の主な特徴は、恥を掻くことを心配していないことなのだ。
『スピードラーニング』方式の特徴的なのは、ただ聞き捨てているだけで、聞き流しているのみで体得できるという点にあり、英語を習得するには「英語ならではの音」を聞き取り可能なようになることが肝要なのです。ポイントなのです。

英語には、いわば英語独特の音どうしの相関性があります。こうした事実を着実に理解していないと、仮にリスニングを特訓しても、単語を聞き分けることができないと言わざるを得ません。
どんな理由で日本人は、英語で使われる「Get up」や「Sit down」と言う際に、二語を離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」と1つずつ発音するのか疑問です。こういった語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方がより英語的だ。
英語に慣れっこになってきたら、考えて日本語に置き換えようとはしないで、雰囲気で置き換えるように、稽古して下さい。会話も読書も共に、読み書きともに、認識する時間がもっとスピードアップできます。
有名なロゼッタストーンは、英語は当然として、30を上回る言語の会話を学習することができる語学用学習ソフトウェアなのです。聞き入る事はもとより、通常の会話が成り立つことをゴールとする人にぴったりです。
「好奇の目が気になるし、外国語を話すっていうだけで神経質になる」という、大多数の日本人がはまっている、このような「メンタルブロック」を解除するだけで、通常、英語はあっけなくできるようになる。

コロケーションとは文法用語で、常に一緒に使われる単語同士の連結語句を意味していて、円滑な英語で会話するには、コロケーションというものの練習が、本当に重要なことなのです。
最近話題の「30日間英語脳育成プログラム」は、聞いた言葉を口に出して、復唱して学びます。そうやってみると、リスニングの機能が目覚ましく成長します。
楽しい学習を方針として、英会話の総合的な能力をアップする英語レッスンがあります。そこではあるテーマに沿ったダイアログを使って話す力を、トピックや歌といった数多くのテキストを使うことで聞く能力を上昇させます。
何かをしつつ一緒に英語を聞き流す事そのものは英語習得に役に立ちますが、1日たったの20分程度でも徹底して聞くようにして、スピーキング学習や英文法を学習することは、飽きるまで聞くことをやり終えてから行ってください。
英語学習の際の気持ちの据え方というより、会話を実践する場合の気持ちの据え方になりますが、失敗を恐れることなくどしどし話す、この気構えが英会話上達のテクニックです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket