翻訳をするための心得と勉強方法

   2017/03/18

今回は、翻訳についてお話をしていきます。翻訳の中でも、今回は英語についてです。みなさん、翻訳という言葉はよく聞きますか?翻訳よりも通訳という言葉の方がよく耳にするのではないでしょうか?通訳は頻繁に見かけますね、例えば、街の観光地にはたくさんの外国人がいますので、そこで通訳をしている人をよく見かけるでしょう。また、最近では海外からゲストとして日本のテレビに出る人もいます。そこにも通訳者が付いています。では、翻訳っていったいなに?となりますよね。

簡単に説明すると、翻訳は文章を訳す作業になります。一般的にあるのが、国際情勢などのニュースを英語から日本語に訳したりするパターンですね。通訳と翻訳は似ているようですが、作業中に意識しなければいけないことがかなり違います。翻訳では、文章なのでそれをしっかりじっくり読み訳す必要があるのです。また、翻訳をするにはただ英語力が高くてもできません。というのは、翻訳する題材はほとんがニュースなどの専門知識を必要としたものなので、その専門知識をまずは理解しておく必要があるからです。

翻訳のための勉強方法として、もちろん英語力をアップするのは必須ですが、それと同じくらい大切なのが専門知識を理解しておくことです。翻訳する内容を知らなければ、翻訳をするのは管理難しくなってきます。したがって、日本語のニュースでもいいので日頃から最新の国際情勢やニュースをチェックしておく必要はあります。また、ニュースをチェックする際には英語だともっといいかもしれません。

最近ではクラウドソーシングでも翻訳の仕事を受注することが出来ます。力をつけて、クラウドソーシングなどを使って実際の仕事をしてみるのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket