英会話に「何故」や「どうして」は禁物です

 

私は英会話教室を営んでいる者ですが、生徒達からよく「なぜこう言わないのですか」と、大変不満げな表情で尋ねられます。それに対する返答は、「言わないから言わないのです」の他にありません。そんないい加減な答えがあるかと思う人もいるかも知れません。ですが、たとえばもし日本人が日本語を勉強している外国人から、一匹は「いっぴき」と読むのに、何故二匹は「にひき」と読むのですか?「にっぴき」でも正解のはずではないのですか?と尋ねられたら、返答に困るはずです。

そう言わないからと言わないと返事をするしかありません。英会話においても、全く同じことが言えます。現地人がThat’s not the way we say it(そうは言わないよ)と教えてくれたら、それを素直に受け入れる姿勢が大切です。文法の規則はあくまでもひとつの目安を示すものに過ぎず、絶対的な法則ではありません。実際の英会話は、文法的に正しいのに全く通じないこともあれば、文法的に滅茶苦茶でも、立派に通じることが多々あります。

たとえばWho is it?(どなたですか)と尋ねられたら、英会話ではIt’s me(私ですが)と答えるのが正解ですが、文法的には間違い。文法的にはIt’s I.こそが正しいのですが、誰もそうは言いません。日本において義務教育の頃から叩き込まれた、必要以上に文法に固執するおかしな学習習慣を完全に捨て去り、理屈ばかり吐くことはやめて、教わった表現をそのまま素直に受け入れて丸暗記すること。これが正しい英会話を早く身につけるための最善の方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket