英語学習の行きづまりを突破するために

   2016/05/06

親せきの子供がバイリンガルかトリリンガルなのですが、あの子がどのように言葉を身につけたのかなというのが興味あります。母親が私の親せきで父親が中華圏の人で、普段は父親の母国に住んでいます。日本に近いからか母親の実家によく来るので日本語もかなり堪能です。

この子の普段の語学環境がどうなっているのかわからないですが、生まれながらのバイリンガルといううらやましい環境です。そして英語も使えるそうです。こうなるとなおさら、この子がどういう環境で勉強しているのか知りたいです。

私達みたいな普通の英語学習の環境ではないと思うのですが・・。この子のことは語学にはあまり参考にはたぶんならないです。私は私でできることを毎日していますが、まだまだゆるいというか甘いです。英語にかぎらず外国語が使えるようになるにはまだ足りません。自分に足りないのは実践の場です。実際に英語を使うことがない環境にいるから進歩しないのだと思います。

よく言われているように失敗することを恐れずに話をするとか、そういうことをしないので進歩がないのだと思います。それならすぐにそういう場(英会話カフェなど)に行ったほうがいいと思いますが、今ひとつ勇気が出ません。でもただ地道に勉強するだけではもう限界というか、行きづまります。新しい体験をすることが刺激になるので、それで英語学習への意欲がアップするのでは・・(自分があまりにできなくて、そのショックで意欲がなくなる可能性もありますが・・)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket